訪問看護リハビリステーション ボンズシップ

訪問看護リハビリステーション ボンズシップ

●サービス提供エリア:江東区・墨田区・中央区・江戸川区

住み慣れた自宅で過ごす為の万全のフォロー!

採用情報

メール

お気軽にお問い合わせください。03-5633-7290

 

企業情報
トップページ > 企業情報

経営理念

私たちの存在意義を明確にしたものが経営理念です。
スタッフが仕事中に悩んだり、迷ったりしたとき、この経営理念が全ての判断基準になります。

株式会社ボンズシップ 経営理念

代表者挨拶

代表取締役 画像イメージ

ボンズシップのホームページをご覧いただきありがとうございます。
人のご縁というものはとても貴重なものです。わたしたちは、一緒に働く仲間同士が縁あって奇跡的な確立で出会えたことに感謝し心から大切にしています。
社員同士がお互いに助け合い支えあい感謝の心を忘れずに居心地の良い職場を創りあげ、ともに成長していくことを目指しております。
素敵な仲間がいるから夢をもって一人ひとりが毎日ワクワクしながら働ける環境があります。そして一人残らず全員で幸せになろうという想いで結ばれています。
わたしたちの事業定義は「医療・福祉を通じた幸福度向上支援事業」です。
超高齢社会のわが国はますます「住み慣れた家で暮らし続けたい」というニーズが高まってきており、さらにそのニーズは年々多様化しており、退院後に安心して暮らすことができる環境整備がなくてはこの時代を乗越えることができません。
わたしたちは、地域の高齢者が日頃から見慣れた家族の顔、聞き慣れた生活の音、変わらぬいつもの香りに囲まれた場所でずっと暮らし続けることができるよう、十分な供給体制を整えて専門職が心のこもった看護とリハビリを提供してまいります。
人間は体と心でできています。たとえ病気が改善されても、維持できても、体が立ち上がれても、心が立ち上がらなければ意味は無いと考えています。ボンズシップが提供する訪問看護・リハビリは、その人の生きがい創りを目指します。つまり、個別の生きる希望を創りあげ、幸福度向上に力を注いでいきたいと思います。
年をとって病気や体の不自由があったとしても、その人が少しでも今この瞬間を「幸せ」と感じて頂くことができたらこんなに素敵なことはありません。
ボンズシップは自分らしく最期まで尊厳ある暮らしの継続にこだわり、ご利用者様とご家族の個別の想いを大切にして、不安や心配事を解消するための温かいサポートによる幸福度向上を目指してまいります。

株式会社ボンズシップ 代表取締役 画像

社名の由来

bondsship ロゴ

ボンズは「絆」や「繋がり」を意味しており、シップはリーダーシップなどで使われるシップと同じで、その状態を維持、発揮できる技能・能力・気概があることを意味します。
またシップは「船」も意味します。 超高齢社会の中において大多数の高齢者の希望は住み慣れた自宅で安心した生活を継続し、家族に見守られながら最期を迎えることです。

長年かけて築いてきた地域の人たちとの絆、配偶者や子どもたち、孫など家族との絆を維持しながら、住み慣れた自宅で今までどおりの暮らしを継続させる力を発揮する会社であること。そのために利用者だけでなく、ご家族やスタッフ同士、医師やその他関係機関との絆を創造していく力がある会社であること。

また、絆の創造により高齢者を幸せにしたいという想いで結ばれたスタッフが同じ目標に向かって一艘の船に乗りこんで大海原で追い風を帆に受けて航海をし続けるという想いをこめて「ボンズシップ」という社名になりました。
ボンズシップの企業ロゴは船が水平を保つことで安定しながら、追い風を帆にうけて前進している状態で、船を囲む円は「絆」「繋がり」を表しています。

会社概要

会社名 株式会社ボンズシップ
代表 代表取締役 清水 誠太
所在地 【本社・東陽ステーション】
〒135-0016
東京都江東区東陽3-10-5 丸半ビル別館3階 [アクセスマップ]
TEL:03-5633-7290 FAX:03-5633-8242

【支店・亀戸サテライト】
〒136-0071
東京都江東区亀戸1-40-8 協和第3ビル3号室 [アクセスマップ]
TEL:03-5609-7079 FAX:03-5609-7353

アクセスマップ

本社・東陽ステーション

〒135-0016 東京都江東区東陽3-10-5 丸半ビル別館3階

アクセス方法

東西線「木場駅」より徒歩3分

支店・亀戸サテライト

〒136-0071 東京都江東区亀戸1-40-8 協和第3ビル3号室

アクセス方法

JR中央・総武線「亀戸駅」より徒歩4分

企業情報

スタッフブログ

ベネフィットステーション

ページトップへ