Interviewスタッフインタビュー

A・S

リハビリ A・S [2016年入社] リハビリテーション部 東陽リハビリテーション課 理学療法士

リハビリテーション部 部長の想い

挑戦していくことの「おもしろさ」

理学療法士を目指すきっかけは、高校時代にあります。野球部の練習中にケガをしてしまい、治療のために地元の整形外科に通うようになりました。
故障した箇所は、痛くて日常生活がままならない中で、「理学療法士」、「リハビリテーション」というものに触れ体が改善していく、そのプロセスを一緒に伴走してくれるその仕事に「なんてかっこいい仕事なのだろう」と思ったのが私が理学療法士を志すきっかけですね。

専門学校を卒業後、新卒で大きい病院ではなくリハビリテーション課のない整形外科に就職しました。
一つは、直接院長からお声がけ頂いたことと、もう一つは、単純に新規立ち上げという貴重な体験を若いうちに経験しておきたかったからです。
「地域の患者さんに」いかに貢献していくかそこはかなり頭を使いました。採用活動含め、苦労したこともありましたがとても大きな経験でした。

その後は視野や見聞を広めるために、海外へ留学しました。実は、それが人生初めての海外経験でした。それまで海外旅行すら行ったことがなく理学療法士というより一個人として、海外で生活するというのは大きかったですね。
その土地土地の文化だったり、いい意味でも悪い意味でも同じ人間なのにこんなに違うんだということが新鮮に映りました。

自創できる人材

多くのことを学び充実した日々を過ごし帰国しました。日本に帰ってきてから次のキャリアプランを考えたときに、病院に勤めているとある日患者さんがこなくなります。
その後「あの人はどうしたんだろう」と思うことが多々ありました。なかなか知る由がない。そういった中で、病院にこなくなったもしくは、病院からいなくなった患者さんのその先が見たくて、訪問→家に行くという考えに切り替わりました。
患者さんを追いかけていったら訪問在宅に辿り着きました。

ボンスシップへの入社のきっかけは、代表の清水の熱さやビジョンに共感したことが理由です。
現在、リハビリテーション部の部長としてマネージメントを行う立場にいますが、今も当時も変わらない考えがあります。それは「まずチャレンジしてみよう」走りながら考えようということです。
自走できる人材、もっというと自創できる人材に出会いたいです。ただ仕事をもらう人よりは、仕事を与えられる人の方がいい。それよりも仕事を創れる人はもっといい。私も常々そうありたいと思っています。